本は読んでから買う!

本は目次を読んで、気になるところをチェックしてから買うと失敗がない

「なぜ、いつも時間が足りないのか」、「なぜ、働きすぎと感じながらも、一方で無駄な時間を過ごしていると感じるのか」……

 

なぜ、いつも時間が足りないのか」、「なぜ、働きすぎと感じながらも、一方で無駄な時間を過ごしていると感じるのか」……。多くのビジネスマンが悩んでいる問題の原因は仕事のしかたにあった。 大部分の人たちは...続きは本文で

【 著者 】 ケリー・グリーソン
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

「瓢鮎図」の謎―国宝再読ひょうたんなまずをめぐって (ウェッジ選書)【芳澤 勝弘】

 

は、瓢箪で鯰を抑えているのか?31人の禅僧は何を書いたのか?そして、将軍・足利義持の狙いは何だったのか?日本水墨画の源流・如拙が描いた「瓢鮎図」の謎に迫る。...続きは本文で

【 著者 】 芳澤 勝弘
【 評価 】 4.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

中世史研究の創始期の歴史を、偉大な歴史家たちの生涯と著作・思想を通して辿り、後世のヨーロッパ中世の解釈に及ぼした持続的な影響を評価・分析する

 

世史研究の創始期の歴史を、偉大な歴史家たちの生涯と著作・思想を通して辿り、後世のヨーロッパ中世の解釈に及ぼした持続的な影響を評価・分析する。20名の歴史家たち―メイトランド、ハスキンズ、C.S.ルイス...続きは本文で

【 著者 】 ノーマン・F.キャンター
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

将棋順位戦30年史 1998~2013年編【週刊将棋】

 

負けても負けても指せる夢のような棋戦」であると同時に「負けても負けても指さなければいけない悪夢のような棋戦」――順位戦。順位1枚の差が分ける明と暗に彩られたドラマを、創刊30年を迎える週刊将棋の記事、...続きは本文で

【 著者 】 週刊将棋
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

どれだけ時代が変わっても、盤上に没頭する棋士の姿は変わりません

 

れだけ時代が変わっても、盤上に没頭する棋士の姿は変わりません。棋士の真情を語らせたら斯界随一の先崎学が、極限状態の棋士が見せる色とりどりの姿を真正面から描いた「千駄ヶ谷市場」待望の第2弾です。本書では...続きは本文で

【 著者 】 先崎 学
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

これでいいのか群馬県 (日本の特別地域特別編集)【岡島 慎二】

 

島/慎二 1968年生まれ。ライター兼編集者 土屋/幸仁 1968年生まれ。ライター兼編集者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)...続きは本文で

【 著者 】 岡島 慎二
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

本書は以下の二つの側面で行き詰まりを感じている方にお役に立ちます

 

書は以下の二つの側面で行き詰まりを感じている方にお役に立ちます。 第一は、教科科目の授業をアクティブラーニング型(AL型授業)に切り替えようとして苦戦している先生たちです。 第二は「7つの習慣」に代表...続きは本文で

【 著者 】 小林昭文
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

漫画や映画にもなった伝説の傑作

 

画や映画にもなった伝説の傑作。復刊 中国古代、「墨守」という言葉を生んだ謎の集団・墨家。たった一人で大軍勢から城を守った男を、静謐な筆致で描いた鬼才の初期傑作。...続きは本文で

【 著者 】 酒見 賢一
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

時代を駆け抜け、時代をリードし、世界のポピュラー音楽を牽引した355人のミュージック・ヒーローたち―その歴史と全容、始まりつつある変容を追う

 

代を駆け抜け、時代をリードし、世界のポピュラー音楽を牽引した355人のミュージック・ヒーローたち―その歴史と全容、始まりつつある変容を追う。...続きは本文で

【 著者 】 鈴木道子
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

「大日月地(おおひつく)神示」は、日本のシャーマンである神人を通じて、異次元世界より降ろされ続けている、地球人類に対しての神示である

 

大日月地(おおひつく)神示」は、日本のシャーマンである神人を通じて、異次元世界より降ろされ続けている、地球人類に対しての神示である。この神示はかつて、艮金神が出口ナオを通して「大本」のお筆先として伝え...続きは本文で

【 著者 】 神人
【 評価 】 4.9
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

日本人が知りたい韓国人の当たり前【久田 和孝】

 

『情』って何?」「朝鮮時代も文化交流が盛んだった?」「割り勘は格好悪い?」韓国人の友達や先生に聞きたいけれど…。そんな今さら聞けない基本的なことから、長年勉強していても今ひとつ納得できないでいたことま...続きは本文で

【 著者 】 久田 和孝
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

あなたが描く、絵のない絵本

 

なたが描く、絵のない絵本。絵だけ描いているという伝説の星。そして、絵を描くことで、核戦争で崩壊してしまった星をふたたび、美しい星によみがえらせるという。ただ絵だけ描いてください。永遠に…。...続きは本文で

【 著者 】 稲吉紘実
【 評価 】 3.6
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

捏造の科学者 STAP細胞事件【須田 桃子】

 

のままの幕引きは科学ジャーナリズムの敗北だ 「須田さんの場合は絶対に来るべきです」 はじまりは、生命科学の権威、笹井氏からの一通のメールだった。 ノーベル賞を受賞したiPS細胞を超える発見と喧伝する...続きは本文で

【 著者 】 須田 桃子
【 評価 】 3.2
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

北斎漫画【永田 生慈】

 

田/生慈 1951年、島根県津和野町生まれ。葛飾北斎美術館館長。美術評論家連盟会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)...続きは本文で

【 著者 】 永田 生慈
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む

現代人にも身近な28のテーマで、古代ローマの日常生活を紹介

 

代人にも身近な28のテーマで、古代ローマの日常生活を紹介。衣食住、娯楽や医療や老後、冠婚葬祭、性愛事情まで。一読すれば2000年前にタイムスリップ! 知的興味をかきたてる、極上の歴史案内。 【目次】...続きは本文で

【 著者 】 樋脇 博敏
【 評価 】 4.4
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む