本は読んでから買う!

本は目次を読んで、気になるところをチェックしてから買うと失敗がない

あとかた (新潮文庫)【千早茜】

 

体がないような男との、演技めいた快楽。結婚を控え“変化”を恐れる私に、男が遺したもの(「ほむら」)。傷だらけの女友達が僕の家に住みついた。僕は他の男とは違う。彼女とは絶対に体の関係は持たない(「うろこ...続きは本文で

【 著者 】 千早茜
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

 

【書籍紹介】
実体がないような男との、演技めいた快楽。結婚を控え“変化”を恐れる私に、男が遺したもの(「ほむら」)。傷だらけの女友達が僕の家に住みついた。僕は他の男とは違う。彼女とは絶対に体の関係は持たない(「うろこ」)。死んだ男を近くに感じる。彼はどれほどの孤独に蝕まれていたのだろう。そして、わたしは(「ねいろ」)。昏(くら)い影の欠片が温かな光を放つ、島清恋愛文学賞受賞の恋愛連作短編集。
【本を見る】

アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM

 


【書籍情報】
文庫:238ページ
出版社:新潮社
言語:日本語
梱包サイズ:15.3 x 10.6 x 0.9 cm


【本書のキーワード】
  近代:明治以後
  千早 茜
  4101203814
  0193
  日本文学
  あとかた (新潮文庫)
  新潮社
  〔た行の作家〕
  日本の小説

 


【関連図書】


からまる(角川文庫)

桜の首飾り(実業之日本社文庫)

男ともだち(文春文庫)

おとぎのかけら新釈西洋童話集(…

眠りの庭(角川文庫)

魚神(いおがみ)(集英社文庫)